スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田かまちのメッセージ


山田かまち

彼はわずか17歳で感電死して短い生涯を閉じてしまいました。

彼の文章は本当に一つ一つ光っている。

  

● 旅みたいだ人生は
   人生は道みたいだ
   でも、歩けば 歩けば苦しい

●道などない
   ただ暗い偽りが
  どこまでも続いている

●悩みはイバラのようにふりそそぐ

● 人生は戦いだ。
  十分でこの問題を。
  試験を受けるときは、
  人間山田かまちと思うよりも
  試験を解くコンピュータロボットと思え。

●「真実をくれ」

●『生きているうちに、
   本当のことを味わってみたい』

● 『オレにはもっと本当の生きがあるはず』
スポンサーサイト
コメント

世の中には楽しいことはたくさんあるけどいつか崩れる偽りだ、となんとなく感じる人はいるだろうね。でもそれをハッキリ知ってしまった人には生きる事事態に疑問がでるのかな?
そうでもないとこんな事は言えないだろうね。
でもなにがあっても変わらないものがあれば自分でも喜んで飛び付くよ。それひとつあれば人生満足出来るんだからね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。