スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・ゲイツは本当に幸せ?


 ビル・ゲイツはシアトルにで大きな家があります。

その部屋は100個以上。ホテルより大きい。

ところがそこでめざめる時、よくうなされる。

会社が今日つぶれるっていう夢。

冷めるとあ~よかった、と思い、

なにくそ負けてたまるかと思ってまた一日仕事に

 取り組むそうです。

そのゲイツさんが座右の名、にしている言葉


「パラノイドだけが生き残れる」


パラノイドっていうのは精神病の一種だそうです。

何かに追いかけられている圧迫されているような巨大な緊張に

ある心理的圧迫。そういう一種の精神病。

ちょっとでも気を抜くことができない、いつも何かに攻め立てられると

いうような巨大な緊張に身を投じている経営者でなければ

世界一の会社を経営できないと言っているそうです。

それで本当に幸せ?
スポンサーサイト
コメント

こんな時代ですからお金に困っている人はお金があれば全ての問題が解決して、幸せになれると苦しんでいます。
ところがお金持ちは財産の維持と増やすことで戦々恐々。しかもどんなに頑張っても何かの拍子でコロッと死んだらそれまで死に物狂いで集めたもの全て置いて後生です。
持ってない人は失う不安はありませんから気は楽です。
果たしてどっちが幸せなんでしょうかね?

大企業の経営者ってのはお金持ってていい暮らししてるんだろうな、なんて思ってたけど日中は仕事でプレッシャーを受けて寝れば悪夢、なんて俺じゃ生活耐えられないよ(^人^;)
どっちが幸せかって聞かれるとすごい悩む選択肢だよねえ。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。